薬剤師、ブランクを経て転職、保健所勤務まで

薬剤師にはいろいろな活躍の場所がある

製薬会社から保健所の薬剤師への転職薬剤師にはいろいろな活躍の場所があるブランクに負けずに積極的な転職活動を!

これは私にとっても、実に困った期間でした。
「もしかしたら仕事を忘れてしまうかもしれない」と言った「焦り」に似た感情に、心を押しつぶされそうになったからです。
さて、自分のプライベートの状況も良くなり、そして余裕もできたため、再就職を目指すようになりました。
薬剤師としての資格は、ブランクが結構発生していたので、資格を生かした仕事は「もう無理かな」と諦めていました。
私の資格は、ブランクが生じると、「腕が鈍る」と思われていたからです。
資格は立派ではありますが、実際には、新薬開発のトレンドに関する情報収集や、医学系分野の研究等に関する情報収集等が、前に勤めていた会社でも奨励されていたこともあり、職務を離れていた私にとっては、これらの事が、非常に大きな不安要素となりました。
さて、そんな中での就職情報の収集が始まりました、私の資格は、医療関係には非常に門戸が広いのですが、私は残念ながら、「病院」等での勤務は適正が無いと考えていました。
大学卒業時に、医療関係勤務ではなく、製薬会社勤務に進んだのも、そのような背景があったからです。
ところで、薬剤師の資格、意外かもしれませんが、実は色々な活躍場所があるのです。